早期の受診が大切

その症状の治療について

鼻の病気であるアレルギー性鼻炎は、耳にされたことがある方は結構おられると思います。これは花粉の時期などの、いわゆる花粉症という病気というのも、このアレルギー性鼻炎の範疇に入ります。花粉症の場合、「季節性鼻炎」といって、季節の変わり目などによく発症するものです。これがさらにひどくなると、アレルギー性鼻炎の症状が慢性化する「通年性鼻炎」になることもあります。これはその名の通り、一年中、永続的に鼻炎の症状に苦しめられることを意味し、ここからさらに他の病気に発展する場合もあるので、アレルギー性鼻炎の治療というのは、早ければ早いほどいいと言えます。花粉症程度であれば、大抵の場合は薬による治療で、症状が治まるという方が大半です。

慢性的な鼻炎の症状で日々、苦しんでおられる方の中には、市販の点鼻、および頓服薬を常に手放せないという方もおられると思いますが、いかんせん、それは症状をだましだましにして、凌いでいるというものです。もし、ちゃんと治したいと考えられておられるのであれば、耳鼻咽喉科などの専門医に診てもらうのが確実にいいことだと言えます。仮にアレルギー性鼻炎があまりにひどい場合だと、鼻茸や慢性副鼻炎などに罹られている場合があるからです。これらを診るにはレントゲンの撮影などを必要としますので、素人の自己診断では、到底、わかるはずがあいません。また、自身の病名を誤解されて、全く違う薬を使用されておられるという方も中にはいます。これは「薬剤性鼻炎」の原因ともなるので、早めの受診が有効と言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加